自己破産のリスク

2018-08-09 未分類

ブラックリスト弁護士に自己破産について無料相談をしたときにはリスクについての説明もされます。ブラックリスト入りし、新規の借り入れおよびクレジットカードの発行が難しくなるのがひとつのリスクです。また、携帯電話本体の料金の支払いが終わっていないと自己破産をした段階で携帯電話を使用できなくなります。携帯電話本体の料金の支払いが終わっているかについても弁護士からの説明があるでしょう。携帯電話が使えないとなると、今の時代においては生活するにあたって不便になるのは間違いありません。

自宅や車などの財産がある場合は処分しないといけないため、ほかの任意整理の種類を選択した方がよい場合もあるでしょう。ただ、生活必需品は処分の対象外となるため、最低限の生活は送れます。

そして、自己破産は2度目の認可を得るのは難しいのが現状です。自己破産から7年以内は自己破産を申請できず、7年が経過しても裁判所からの印象が悪くなってしまいます。だからこそ、一度目の自己破産のときに慎重に判断しないといけません。自己破産は借金が帳消しになる最大の強みはあるものの、さまざまなリスクもあります。弁護士に無料相談をしたうえで判断した方がよい理由といえます。